豊田八千代後援会事務所“必勝”事務所開き(2015/3/15)レポート

jimusyobiraki0315_06

 こんにちは!
 豊田八千代を応援する黄色い集団「カナリア団」です。
 3/15に行われた「豊田八千代後援会事務所“必勝”事務所開き」の様子を当日の写真でふりかえりながらお伝えします!

 当日は天気予報では雨天が心配されましたが、開始時刻には晴天となりました。

■開会のことば
開始時点で来場者は50人超え!用意した椅子に座りきれず、半分以上は立ち見となる中、事務所開きの宣言です。
わいわい

■選対委員長(平山良平)挨拶
平山氏あいさつ
社民党愛知県連合 副代表 である平山良平さんの挨拶です。
社民党の政策は、世間の常識です!といったことを仰っていました。
その通りです!

■来賓あいさつ
3組5名によるスピーチがありました。
・豊田さんがコミュニティバス開通に関して尽力をしたこと。
・現在の自民党政権への懸念。
・牛川校区の選挙情勢について。
・豊田さんが豊橋駅のデッキ化に関して、90年代初頭にいちはやくバリアフリー化を推進したことについて。
などなど。
皆さんのお話によって、現在の政治への懸念・これまでの活動実績・これからへの期待・どんな風に応援していくかというイメージの共有ができました。

■豊田八千代あいさつ
Image1
<豊田八千代 演説概要>
豊田「去年の4月、消費税が5パーセントから8パーセントにあがりました。安倍首相は国民を守るために、福祉のために、命を守るために、生活のためにとおっしゃっています。しかし、(安倍首相の)やっていることは、真逆のことだと思います」
豊田「消費税は福祉に行ったでしょうか?社会保障に行ったでしょうか?これから30年、介護をする人が不足する。昔、デイサービスのボランティアをしました。ボランティアさん頼みのところがあるのではないか?と思います。また、私も介護をしたんです。(介護をしたとき)病院が二階建て、エレベーターがなかったんです。なんとかベットのところまで、休み休み必死の思いで運びました。こんな風にして介護をされる人々は全国で何人おられるか」
豊田「これからの人口はどうなるか、国はわかっているはず。しかし、国は何の対策を打っていない。給食費も100円200円あがります。病人の布団を1枚1枚はがして、大企業や富裕層の減税や軍費調達に持っていこうとしていると思うのですが、どうでしょうか。私は議会で市長さんにはたらきかけ、国に向かって『こういう政治は困る』と言っていただけるような活動をしていきます。国と地方は直結しています!」
豊田「豊橋のバスは石巻から医療センターまで500円。コミュニティバスと言いがたいようなやり方です。田原のコミニュテイバスは一律100円です。豊橋市も豊橋も本当は100円均一にしてほしいのですが、せめて一律200円へと実現のため頑張ります」
豊田「地方創生にも正義を!みなさんの正義を粘り強く実現していきたいと思います」

豊田八千代さんの演説はいつ聴いても歯切れが良い!
バリアフリー、介護、国政、コミュニティバスなど、豊橋市政への政策提言も充実。
長い間の積み重ねが感じられるあいさつに“応援せんといかん!”という気持ちになりました。
Image2

■連絡
公式Webの開設のご案内をし、支持を広げるにあたっての活用のお願いをしました。

■がんばろうコール&お茶で乾杯
jimusyobiraki0315_17
jimusyobiraki0315_05

■閉会のことば
勝利を願って乾杯をした後、事務所開きは無事に閉会しました。
午後には雨がパラつきました。
事務所開きの時だけ良い陽気になって晴れるなんて、とっても幸先がいいスタートです!
みなさん豊田八千代さんを盛り上げていきましょう。
これからしばらくの間、よろしくお願いいたします。

事務所開きを開催した3/15以降、豊田八千代後援会事務所は開いており日々人が集まっています。
 支援活動ボランティアへのご参加希望・市政へのご要望などをお伝えいただきたい場合など、お気軽にお立ち寄りください。
(事前にお電話にてご用件をお伝えいただいておりますと対応がスムーズです。)
★4月19日(日)午前11時より、豊田八千代後援会事務所にて、次回イベントの開催を予定。

(文:カナリア団1号)