夢はありますか?~三河湾クリーン作戦&環境

クリーン作成

2015/5/17

「三河湾クリーン作戦」に参加しました。
海岸清掃・調査に汗を流しました。

◇発見!三河湾の生き物
海岸を掃除したあと、浅瀬に生息している生物を調査しました。100メートルごとにどのような生物 が生息しているか?」を調査し、あさり・巻き貝・蟹・ハマグリなどが見つかりました。

ハマグリ
↑三河湾のハマグリです

◇こんなに変わってしまった!三河湾の環境
三河湾は以前は水のきれいな豊かな海でした。
今は赤潮 、青潮と環境が悪化しています。
三河湾のあさりは赤潮などの影響で年々少なくなりました。

◇山奥の設楽ダムが海に影響?
豊川上流にダム(設楽ダム)の計画があります。
環境はすべて関連しています。
山と海は兄弟です。
山でダムを建設すると、海の環境がより悪化して名物のあさりがとれなくなり、地域の水産や観光産業への影響が懸念されます。

◇環境について、政治で解決できることとは?
例えば、こんなアイデアがあります。

・議員は行政に対して議会で「ダムの建設は本当に必要か?」と質問をし、計画の停止を含む見直しを求めることができます。

・環境保全事業を行い、自然を観光資源とした地域おこしのエコツーリズムを盛んにすることで、あらたな雇用と収入を生むこともできます。(三河湾のスナメリ、豊川河口の干潟、大平洋の海ガメの卵を保護する活動、いもう湿原など、豊橋の自然は結構すごい!)

・調査と環境整備によって、海水浴・潮干狩り・釣り・サーフィンなどの地域のレジャーを「自然環境と共存したより良い体験の場」にすることもできます。

◇豊田八千代の思い
水のきれいな三河湾での海水浴は、私の家族の毎夏の行事でした。
三河湾の環境を元に戻すことが私の夢です。

もし、環境についての夢やご要望があれば、ぜひ社民党豊橋支部豊田八千代までお話しください。
一緒にできることがきっとあります! → 連絡先はこちら

(文:豊田八千代、写真:豊田八千代、協力:カナリア団1号)